健康診断で肥満だと指摘されたら

年一回の健診などで、肥満や太りすぎという判断をされることがあります。脂肪細胞が多くなりすぎて、体重が増えすぎている状態が肥満体型と呼ばれるものです。肥満だと指摘された場合は、単なる体重が重たいというわけではなく、健康上のリスクがあるため注意しなければなりません。普段から積極的に体を動かす習慣があって、筋肉量がもともと多いという人は、体重が多くなったからといって肥満体型になることはありません。体重そのものは多くはなくても、筋肉が少なく、骨が細い人の場合は、ちょっと太っているだけで肥満になることがあります。近年問題になっているお腹の内部に脂肪がたくさんついてしまう内臓脂肪型肥満は、特に健康には良くないとされています。カロリー摂取量にそれほど敏感にならずとも、若くて健康なうちは、体重は標準体重の範囲内に収まっています。昔は標準体重よりも痩せていたけれども、年をとったら標準体重になったという人は、太りすぎかもしれません。太り過ぎだと、場合によってはホルモン異常や遺伝的な病気が原因のこともありますが、大半は単純性肥満の食べ過ぎと運動不足が原因となっています。食事内容や、運動不足が原因で肥満になっているなら、運動量を増やしたり、食事内容を見直すことによって体型を元に戻すことができるでしょう。食べる量を減らし、体を動かす生活をすることで、肥満体型から標準体型へのシフトは可能ですが、栄養不足による体調不良には気をつけるようにしましょう。健康診断で肥満だと指摘された場合には、自覚症状が無くても、病気になるリスクが高いので、早めの対策をすることが大切です。